移住先ランキングで常に上位を占める岡山県。まだまだたくさんの方の移住をお待ちしています。

岡山県移住ポータルサイト おかやま晴れの国ぐらし


RSS

市町村の情報

岡山市のお知らせ

岡山市唯一の有人離島「犬島」で地域おこし協力隊を募集します!

2017年08月04日

 産業遺構とアートの離島「犬島」で地域おこし協力隊として活動してみませんか?

 岡山市では、離島「犬島」で住民の方々と一緒になって地域活性化の活動に従事していただく地域おこし協力隊を募集します。

 締切は平成29年8月31日(木)です。岡山市で活動したい方、奮ってご応募ください。

【活動地域】 犬島(岡山市東区犬島地内)

【活動内容】 1.応募者の提案をもとにした地域おこしの活動

       2.買物支援、元気市(定期開催されている島民主体の朝市)などの地域支援や交流活動

       3.島民による組織「犬島の未来を考える会」での活動

       4.その他、地域イベント等の支援の提案をもとにした地域おこしの活動  

応募条件等、詳しくはこのページの下部に添付している募集要項をご覧ください。

犬島の紹介

犬島海水浴場 島民の方々 犬島遠景

  犬島は、昭和42年に離島として指定された岡山市の東南端、宝伝・久々井地区の沖約3キロメートル、定期船で約7分の瀬戸内海国立公園内にある市内唯一の有人離島です。
 犬島本島とその周辺の6島からなり、総面積は、0.72平方キロメートル、標高の最高が30メートル前後のなだらかな地形の花崗岩の島です。
 古くは銅の製錬業と採石業などで隆盛を極めてきた歴史がありますが、現在は産業の衰退と共に島内人口が激減し、高齢化が進んでいます。
 現在もその当時をしのばせる産業遺構が残っており、本地域にしかない独特の雰囲気と景観を醸し出しています。
 観光資源としては平成7年に島東南部の海水浴場、平成11年に廃校跡地に短期滞在型生涯学習施設「犬島自然の家」が整備され、同年海水浴場隣接のテントサイトもオープンしています。
 また、平成20年に、公益財団法人福武財団により、犬島製錬所の遺構の一部を保存再生した犬島アートプロジェクト「犬島精錬所美術館」がオープンし、平成22年には、瀬戸内の島々を会場とした現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」が開催され、この芸術祭の開幕に合わせて、犬島「家プロジェクト」として、島内の空家・空き地を活用したギャラリーと休憩スペースが整備されました。その後は3年毎に「瀬戸内国際芸術祭」が開催され、多くの観光客が訪れています。

応募について

地域おこし協力隊への応募については次のとおりです。

申込書をダウンロードしてご記入のうえ、住民票の写しを添えてご提出ください。

【受付期間】平成29年7月1日から平成29年8月31日まで

【申込書提出先】〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 岡山市政策局事業政策課あて(郵送可)

関連リンク集