移住先ランキングで常に上位を占める岡山県。まだまだたくさんの方の移住をお待ちしています。

岡山県移住ポータルサイト おかやま晴れの国ぐらし


RSS

先輩移住者の体験談

 >  > 【田舎ぐらし】夫のあこがれだった田舎暮らし~久米南町・園田良美さん壽美惠さん夫妻~

【田舎ぐらし】夫のあこがれだった田舎暮らし~久米南町・園田良美さん壽美惠さん夫妻~

園田良美さん壽美惠さん夫妻

久米南町の園田さん
移住形態:
Iターン
移住時期:
平成14年
前住所:
兵庫県尼崎市
現住所:
久米南町
現在のお仕事:
農家民宿(そのだファーム)
田舎暮らしのきっかけは

久米南町上籾地区の棚田 平成14年の春、夫が58歳、私が53歳の時に移住しました。田舎暮らしは、かねてから夫が希望していたんです。そのため夫は50歳くらいで運転免許を取得してあれこれと構想を練っていたんですよ。それで、定年より少し早く会社を退職し、物件を探し始めました。

私自身は、大阪生まれで結婚後は尼崎に住んでいたので、田舎とは全く無縁でした。田舎暮らしへのあこがれも特になかったんですけど、トイレが水洗と、民宿をすることを条件に田舎暮らしをオーケーしたんです。

民宿をすれば、色々な人に来ていただいて都会からの人との交流もできるし、寂しくないかなと。でも、実際に来てみると、田舎は退屈ではなく、とても忙しかったんですけどね。

移住先の選定について

夫の故郷の九州と私の故郷の大阪の間ということで中国地方を中心におよそ1年間物件を探しました。当時は行政からの情報など全く得られなかったので、田舎を回っては不動産屋さんに相談して、という感じで。

そのだファーム 岡山に決めたのは、物件が多かったからですかね。

民宿をやりたいっていうのがありましたから、ある程度大きな建物が必要でした。それに夫の農業。ここはちょうど、家と周りの土地がセットという条件でピッタリでした。

ただ、都会と田舎とでは、家や土地の値段が全然違うので、適正価格というのが分からなくて...。私たちは、業者さんからしか情報を得られなかったですけど、地元の役場など、そういった情報を提供していただけるとありがたいですね。

あと、家が結構傷んでいたので移住の際にも色々と修繕が必要でしたし、移住してからも、トイレを水洗にするため合併浄化槽を付けたり、水道を引いたりと家の改修に多くの費用が必要でした。

移住してからの生活について

園田さんご夫妻と愛犬ハチ 実際に住んでみると、冬は寒く、最初は室内でもコートを着ていましたが、まあ、だんだんと慣れてきました。夏は大阪とは比べものにならないくらい快適ですね。アスファルトの照り返しなどがない分、同じ気温でも暑さの感じ方が違います。

こちらで、米作り、野菜作り一通りしたかったんですけど、米は設備投資にお金がかかるし、買った方が安いよと、近所から勧められませんでした。それで、米は近所の方から買うことにして、野菜作りをしています。無農薬、有機肥料で作っているので、虫と雑草で大変。でも、普通に売っている野菜より、甘みがあって美味しいですよ。

民宿でも、自家製の野菜を使用しいています。関西だけでなく、岡山市内からも宿泊される方が多いですよ。泊っていただいて翌朝、山菜狩りや、タケノコ掘り、野菜の収穫などを体験していただいています。

今後は、体験をメインにしたファームステイをしていこうかなと考えています。

そのだファーム それから、こちらにきて、私も車の免許を取りました。田舎暮らしに車は必須ですね。日用品は、車で10分でスーパーに買い物に行けますし、あと、集落に生協が来るのでそれも利用しています。30分ぐらいで津山へ行けるのですが、ホームセンターなんかはチェーン店が多いので、都会とほぼ同じものがそろうし、物資の面で不自由を感じることはそんなにないです。

ここらは、県道より農道の方が広いし便利なんです。でも、カーナビには県道しか表示されないでしょ。お客さんの中にも迷われる方があるんですよ。実際に行ったり、住んでみないと分からない情報って意外とありますね。

移住して良かった点

移住して一番よかったと思うのは、孫に田舎ができたこと。私は田舎がなかったので、子どもの頃夏休みに田舎に帰る友達が羨ましかったんです。関西からのアクセスもいいので、家族でよく遊びに来てくれるんです。夏休みの宿題で夜空の夏の大三角形を観察するって言うのがあったんですが、都会ではあまり星が見えないですからね。ここでは、大三角形だけでなく、天の川もきれいに見えて、すごく喜んでいましたよ。

予想外だったこと

意外だったのは、水道代が高かったこと。日常用には湧水があるんですが、宿泊客があることを考えて水道を引いたんです。だけど基本料金が尼崎の5倍以上するのにビックリしました。あと、ゴミ袋の値段も。まあ、人口が少ない場所なので、公共サービスが割高になるのも納得できるんですが。

ゴキブリがいないのも意外でした。ただし、ムカデやマムシは多いので、虫の苦手な方は基本的に無理でしょうね。

これから移住を考えている方へ

縁側でくつろぐハチ 中途半端な気持ちでは田舎への移住はできないと思います。実際移住した方でも半分以上帰られていると聞きます。二地域居住とかもありますが軽い気持ちでは、長続きは難しいと思います。帰る場所も処分してくるぐらいの覚悟が必要じゃないでしょうか。

※この内容は、平成22年6月に行ったインタビューを元に編集し作成しています。