移住先ランキングで常に上位を占める岡山県。まだまだたくさんの方の移住をお待ちしています。

岡山県移住ポータルサイト おかやま晴れの国ぐらし


RSS

先輩移住者の体験談

 >  > 【起業】おかやまでアニメスタジオを ~総社市・小林美代子さん~

【起業】おかやまでアニメスタジオを ~総社市・小林美代子さん~

小林美代子さん

小林美代子さん
移住形態:
Uターン
移住時期:
平成28年
前住所:
東京都
現住所:
総社市
現在のお仕事:
アニメスタジオ経営
移住のきっかけ

岡山県岡山市北区足守に実家があり、高校卒業後アニメーションの仕事がしたくて東京に出ました。

2014年に実家に暮らす母が亡くなり、その頃から父の体調が悪くなり出しました。当時、東京のアニメ制作会社・手塚プロダクションで仕事をしていましたが、父の介護のために岡山県へ帰ることを考え始めました。

丁度、娘の就職活動の時期と重なったこともあり、家族で話し合いをした結果、娘達が「母が仕事を辞めるより、自分達が祖父の介護をする」と言ってくれたので、娘達に父の世話をしてもらい自分は東京に残り仕事を続けることにしました。しかし、1年が経った時に自分だけが好きな仕事をし、将来がある娘達に好きなことをさせてやれていないことに段々と疑問を持ち始め、自分も仕事を辞めて岡山県に帰ることを決心しました。

小林美代子さん 仕事仲間からは引き留められ、父を東京へ連れてきたら?と勧められましたが、父の体の事もあり、岡山へ帰る意思は変えられませんでした。『それなら、仕事を出すから岡山でも仕事をしてみないか』とアニメーション制作会社関係者の方々が提案して下さり、総社市でアニメスタジオ「えかきや」を設立することになりました。

移住に費やした期間

小林美代子さん 2015年5月に東京都品川で開催された「おかやま交流・定住フェア」へ参加しました。候補地は3市町あり、その中でも「総社市」の立地の良さと、担当者の方の熱意に心を打たれました。「えかきや」の設立には、総社市の補助金「そうじゃ商人応援事業補助金」と経済産業省の補助金「平成28年度創業・第二創業促進補助金」を活用しました。移住までには1年半くらいかかったと思います。

現在の仕事について

小林美代子さん 現在は総社市でアニメスタジオ「えかきや」を開設しています。

「えかきや」では主に「作画」作業を行っていて、東京にある取引先と連携をしながら、現在はポケモンなどのアニメーションを総社市でやっています。過去にはドラゴンボールやブラックジャックなども手がけました。

今後について

小林美代子さん 現在は総社市に本社、東京に支社をかまえています。今後は高梁市にある大学と連携して、高梁支社を設立する予定です。

私は18歳で上京する時に、両親に猛反対をされました。知り合いもいない東京に娘を出すのは、どの親も心配だと思います。アニメスタジオは現在東京に集中しています。様々な理由からこの業界を断念する人もたくさんいると思うので、上京できなくても活躍できる場を岡山県で作りたいと思っています。また、この業界を志したい人の受け皿になれればと考えています。