移住先ランキングで常に上位を占める岡山県。まだまだたくさんの方の移住をお待ちしています。

岡山県移住ポータルサイト おかやま晴れの国ぐらし

RSS

市町村の情報

 >   >   >   > イベント・参加者募集

新見市のお知らせ

【地域おこし協力隊募集】林業振興!

(2018年11月01日)

協力隊(林業)チラシ

 岡山県の西北端に位置する新見市では、市域の約86%(6万8千ha)が森林という豊かな自然を活かして、古くから林業が盛んに行われ、岡山県内でもトップの人工林率を誇ります。先人たちが丹精込めて手入れし、守ってきた美しい森林を、市の財産として今後も受け継いでいかなければなりません。

 そこで、本市の森林を次世代に向けて保持するとともに林業振興及び地域の活性化を図るため、「地域おこし協力隊員」を募集します!

1 募集人員  

 地域おこし協力隊員 4名

2 活動の種類

★次の分野に該当する将来的に自立性のある取組

(1)林業分野(造林、素材生産など)

(2)木材加工分野(地元産材を活用した木工製品づくりなど)

(3)未利用材利活用分野(林地残材、竹の活用など)

(4)木育分野(木製品の普及活動など)

(5)林産物生産分野(キノコ栽培、和紙材料の生産など)

(6)販路拡大分野(地元産材、製品の販促活動など)

(7)その他(その他林業の振興に資する取組)

3 募集対象(募集条件)

(1)年齢

 応募時点で満40歳未満の人

(2)性別

 問いません

(3)経験

 問いません

(4)住所

 現在、三大都市圏をはじめとする都市地域等に居住している人で、着任後に新見市内に生活拠点を移し住民票を異動できる人
 ※「三大都市圏をはじめとする都市地域等」とは
  ・「条件不利地域(過疎、山村、離島、半島等の指定地域)」の無い市町村
  ・「一部条件不利地域」の市町村のうち、条件不利区域以外の区域
   (詳しくはお問い合わせください)

(5)資格等

 普通自動車運転免許を有している人

(6)その他

 心身ともに健康な人

4 着任予定時期

 随時

5 活動時間

 160時間/月(1日8時間 月20日を想定しています。)
 ※活動時間帯は、活動内容によって変動します。

6 委嘱形態・期間等

(1)「新見市地域おこし協力隊員」として市長が委嘱します。(市との雇用関係はありません。)

(2)委嘱時期については相談の上調整します。

(3)委嘱期間は、委嘱の日から1年間とします。(ただし、活動に取り組む姿勢、成果等を勘案し、1年ごとに更新し、最長3年まで期間を延長します。)

7 処遇・福利厚生等

 ①報償費

  月の活動時間に応じて毎月最大20万円を支給

 ②活動費

  活動に必要な経費を年間で最大200万円まで支給

 ③着任経費

  引越し費用等として定額で20万円を支給

 ④福利厚生等

  支給なし ※各自で健康保険及び国民年金保険に加入

 ⑤住居

  支給なし ※市内の住居を各自で契約

8 応募手続

(1)申込受付期間

 随時受け付けます。
 なお、採用状況により予告なく募集を終了することがあります。

(2)応募方法

 下記の提出書類を新見市役所農林課に郵送又は持参してください。

(3)提出書類

 ○新見市地域おこし協力隊員応募用紙(林業)(指定様式)
 ○住民票(抄本)
 ○運転免許証の写し

 ※応募用紙等は、新見市ホームページからダウンロードして下さい。

9 選考の流れ

(1)審査方法

(第1次選考)

 書類審査の上、結果を応募者全員に文書で通知します。

(第2次選考)

 第1次審査合格者についてプレゼンテーション及び面接審査を行います。

 (日時等は第1次審査結果を通知する際にお知らせします。)

(2)最終選考結果のお知らせ

 選考結果が決定次第お知らせします。

(3)その他

 第2次選考に要する交通費等は個人負担とします。

10 まずは新見を体験してみてください!

 ご応募を検討の際には、ぜひ一度新見市へお越しください。

 また、宿泊を希望される場合、「お試し暮らし支援制度」をご利用いただくことにより、1泊2,000円(食事代別)で指定宿泊施設(複数有り)へ宿泊いただけます。

 ※事前に手続きが必要です。詳しくはお問い合わせください。

◆問い合わせ先◆

新見市産業部農林課林業振興係

〒718-8501 岡山県新見市新見310番地3
TEL:0867-72-6134
FAX:0867-72-6181
E-MAIL:nourin@city.niimi.okayama.jp


新見市のお知らせ

【常時募集】『提案型』新見市地域おこし協力隊

(2017年09月01日)

HP_image_main.jpg

 新見市は、岡山県の西北端部に位置する豊かな自然に恵まれた典型的な中山間都市です。

近年、人口減少や高齢化が進み、集落等での地域活動の維持が困難になるなどの問題が深刻化しています。
 そこで、意欲ある地域外からの人材を積極的に受け入れ、新たな視点・発想により新見市の地域資源を再発見し、地域の元気づくり、集落の維持・活性化を図っていくために、次のとおり「地域おこし協力隊員」を募集します。
 新見市で夢を実現させたい、自分が主体となって何かに取り組みたい、将来新見市内において起業したい方などの応募をお待ちしております。

1 募集人員  

地域おこし協力隊員 若干名

2 活動の種類

(1)地域の元気に繋がる活動
(2)新たな産業の創出や地域産業の活性化に繋がる活動
(3)地域資源の発掘及び振興に関する活動
(4)地域の情報発信に関する活動
(5)その他目的達成に資する活動

3 募集対象(募集条件)

(1)年齢

応募受付日を基準として満40歳未満

(2)性別

問いません

(3)住所

現在、三大都市圏をはじめとする都市地域等に居住し、委嘱後、新見市内に生活拠点を移し住民票を異動できる方
 ※「三大都市圏をはじめとする都市地域等」とは
  ・「条件不利地域(過疎、山村、離島、半島等の指定地域)」の無い市町村
  ・「一部条件不利地域」の市町村のうち、条件不利区域以外の区域
   (詳しくはお問い合わせください)

(4)資格等

普通自動車運転免許を取得している方

4 着任予定時期

随時

5 活動時間

1日8時間 月20日の活動を想定しています。
※活動時間帯は、活動内容によって変動します。

6 委嘱形態・期間等

(1)地域おこし協力隊員として市長が委嘱する。(市との雇用関係はありません。)
(2)委嘱時期については相談の上調整します。
(3)委嘱期間は、委嘱の日から1年間とします。

7 処遇・福利厚生等

年間支給額:最高460万円(報償費:240万円、活動経費:200万円、着任経費:20万円)
着任経費(引越し費用等)は定額で20万円を支給します。
活動経費として、活動に要する経費を予算の範囲内で支給します。
(例)家賃(月額3万円を限度)、活動に使用する自家用車の燃料費等、活動に必要な通信費や消耗品費等

市との雇用関係はありませんので、健康保険料及び国民年金保険料は、各自の負担となります。

8 応募手続

(1)申込受付期間

随時受け付けます。
なお、採用状況により予告なく募集を終了することがあります。

(2)応募方法

下記提出書類を新見市役所企画政策課に郵送又は持参してください。

(3)提出書類

○新見市地域おこし協力隊員応募用紙(指定様式)
○プレゼンテーション資料(A4用紙、任意様式)
○住民票の写し
○運転免許証のコピー
※応募用紙等は、新見市ホームページからダウンロードして下さい。

9 選考の流れ

(1)審査方法

(第1次選考)

書類審査の上、結果を応募者全員に文書で通知します。

(第2次選考)

第1次審査合格者について面接審査を行います。
日時等は第1次審査結果を通知する際にお知らせします。

(2)最終選考結果のお知らせ

選考結果が決定次第お知らせします。

(3)その他

第2次選考に要する交通費等は個人負担とします。

10 まずは新見を体験!

ご応募を検討の際には、ぜひ一度新見市へお越しください。事前にご連絡をいただければ、ご希望に合わせて市内をご案内いたします。
また、宿泊を希望される場合、「お試し暮らし支援制度」をご利用いただくことにより、1泊2,000円(食事代別)で宿泊いただけます。
※事前に手続きが必要です。詳しくはお問い合わせください。

◆問い合わせ先◆

新見市総務部企画政策課

〒718-8501 岡山県新見市新見310番地3
TEL:0867-72-6114
FAX:0867-72-6243
E-MAIL:kikaku@city.niimi.lg.jp


新見市のお知らせ

【地域おこし協力隊募集】一緒に『千屋牛』育てませんか!

(2017年02月06日)

cow_title.jpg

 岡山県北西部にある新見市は、豊かな自然を生かした肉用牛生産が盛んで、高級ブランド牛「千屋牛」の産地として有名です。「千屋牛」は日本最古の蔓牛として知られており、ほどよい霜降りと美味しい赤身が特徴の和牛です。
 このように、伝統と美味しさを誇る「千屋牛」ですが、今後「千屋牛」のブランド化を推進し、全国にPRしていくためには、その生産・振興を担う人材の確保が必要となっております。
 そこで、新見市では、畜産業の地域おこし協力隊をカウ・ボーイ カウ・ガールとして募集します。畜産業支援員として、牧場等での研修を通じて繁殖牛の飼育管理技術を習得し、「千屋牛」を生産の面から支えていただくとともに、千屋牛を活用した地域活性化活動に取り組んでいただくことを目的としています。
 将来的に、自分で畜産経営していきたいという方から、市内の牧場で多頭飼育に携わりたいという方まで幅広く募集します。

1 募集人員  

  地域おこし協力隊員 若干名

2 活動の種類

(1)市が指定した牧場を中心とした飼育管理研修
(2)繁殖牛の飼育管理を主とした畜産業支援活動
(3)地域資源の発掘及び振興に関する活動
(4)地域の情報発信に関する活動
(5)その他目的達成に資する活動

3 募集対象(募集条件)

  1. 年齢 問いませんが、心身ともに健康である方。
  2. 性別 問いません。
  3. 経験 問いません。経験の有無よりも、飼育管理技術習得への強い意欲を求めます。
  4. 住所 現在、三大都市圏をはじめとする都市地域等に居住し、委嘱後、新見市内に生活拠点を移し住民票を異動できる方。
  5. 市が指定した牧場において繁殖牛の飼育管理技術を研修しながら牧場経営に協力し、任期満了後に市内で畜産業に携わる意志のある方。
  6. 普通自動車運転免許を取得している方。

※「三大都市圏をはじめとする都市地域等」とは

    • 「条件不利地域(過疎、山村、離島、半島等の指定地域)」の無い市町村
    • 「一部条件不利地域」の市町村のうち、条件不利区域以外の区域(詳しくはお問い合わせください。)

4 着任予定時期

随時

5 活動時間

1日8時間 月20日の活動を想定しています。
※活動時間帯は、活動内容によって変動します。

6 委嘱形態・期間等

  1. 地域おこし協力隊員として市長が委嘱する。(市との雇用関係はありません。)
  2. 委嘱時期については相談の上調整します。
  3. 委嘱期間は、委嘱の日から1年間とします。(ただし、活動に取り組む姿勢、成果等を勘案し、1年ごとに更新し、最長3年まで期間を延長します。)

7 処遇・福利厚生等

年間支給額:最高460万円(報償費:240万円、活動経費:200万円、着任経費:20万円)

  • 着任経費(引越し費用等)は定額で20万円を支給します。
  • 活動経費として、活動に要する経費を予算の範囲内で支給します。
    例:家賃(月額3万円を限度)、活動に使用する自家用車の燃料費等、活動に必要な通信費や消耗品費等
  • 市との雇用関係はありませんので、健康保険料及び国民年金保険料は、各自の負担となります。

8 応募手続

(1)申込受付期間

平成29年2月6日(月)から随時募集します。

(2)提出書類

所定の応募用紙に住民票免許証の写しを添付のうえ、新見市役所企画政策課に郵送又は持参してください。
(応募用紙は、下記よりダウンロードして下さい。)

9 選考の流れ

(1)審査方法

(第1次選考)

書類審査の上、結果を応募者全員に文書で通知します。

(作業体験)

第1次選考を合格された方には、第2次選考までの間に、市が指定した牧場で3日間程度の作業体験を行ってもらいます。

日時等は第1次選考結果を通知する際にお知らせします。

(第2次選考)

第1次審査合格者について面接審査を行います。

日時等は第1次審査結果を通知する際にお知らせします。

(2)最終選考結果のお知らせ

選考結果が決定次第お知らせします。

(3)その他

作業体験及び第2次選考に要する交通費等は個人負担とします。

◆問い合わせ先◆

≪応募手続きについて≫

新見市総務部企画政策課

〒718-8501 岡山県新見市新見310番地3
TEL:0867-72-6114
FAX:0867-72-6243
E-MAIL:kikaku@city.niimi.okayama.jp

≪活動内容について≫

新見市産業部農林課

〒718-8501 岡山県新見市新見310番地3
TEL:0867-72-6133
FAX:0867-72-6181
E-MAIL:nourin@city.niimi.okayama.jp